日経平均株価とTOPIXについて

皆さんは日経平均株価と東証株価指数(TOPIX)の違いが何だがご存知でしょうか?
この2つの大きな違いは株価の算出方法にあります。
日経平均株価では日経225や225種平均、平均株価などいろいろな呼び方がありますが、現在の日本では最も使用されている物となっています。

私達が平均株価と聞くと単にすべての数を合計して“すべて”に当たる数で割る単純計算だと思いがちですが、これを行ってしまった場合、株価に不都合が生じる場合もあります。
では、この不都合とは一体何なのかという話になりますが、A社株価1,000円、B社株価2,000円、C社株価3,000円の3社で分かりやすく話を進めると、3社の平均株価は単純計算の場合、1,000+2,000+3,000÷3=2,000円という事になります。
しかし、1株を2株にする株式分割という方法をC社が取ったとします。
するとC社の株式は3,000円の1/2ですのでC社の株価は1,500円という事になり
A社B社C社の平均株価は1,000円+2,000円+1,500円÷3=1,500円、これが平均株価という事になります。
そのため、日経平均株価では東証1部上場の中から225社を選出し、独自の計算方法によって算出されています。

一方の東証株価指数ですが、TOPIXが公表された1968年を100として現在の平均株価を算出した後、68年と比較して現在の株価が何倍になっているかという事を表しています。

では、日経平均株価とTOPIXを比較してみて何が違って居るのか?
日経平均株価は日本を代表するような各分野のトップの合計225社の平均を、TOPIXは東証全体であり日経平均株価が“株価”なのに対してTOPIXは“指数”だという点です。

初心者が参考にする場合、指数と言われてもピンと来ない面もあるでしょうから、どちらかというと日経平均株価の方が資産運用の際に参照及び活用しやすいでしょう。
実際の投資の際にTOPIXを参考にするものといえばやはりTOPIX連動型でしょう。
ただし、これはTOPIXに限らず、日経平均株価でも日経225などは連動型ですのでやはり日経平均株価を参考に資産運用を行います。
ただ、両者2つを比較してどちらか一方というわけではなく、それぞれが株価や指数としての参考資料として必要な情報ですので、初めのうちは何が何だか…という方でも日々値動きや指数の動向を注視しておくと良いでしょう。

NYダウや日経225からくりっく株365を知る

色々な投資スタイルがありますが、NYダウや日経225などを利用して投資を行っていくことができます。
証拠金取引も人気が高く、少額で投資を行えるのがメリットとなっています。
レバレッジを活かしながら投資を進めることができますが、これらの銘柄を広く扱っていくのがくりっく株365です。

くりっく株365の取引を始めていくためには、最初に取引に利用する証拠金を口座へと預け入れていく必要があります。
例えばNYダウを取引していこうとする時、従来ならば100万円以上かかってしまうことがありますが、数万円の証拠金を預けていくことによって取引を行うことが可能です。
くりっく株365の取引においては、買いポジションを持っている状態だと、現物株と同じ形で配当の相当額を手に入れることができます。

配当相当額というのそれぞれの投資家が預け入れている証拠金のみでなく、取引金額を基準しながら算出していきます。
アメリカの企業の多くは利益を四半期ごとに確定させて、投資家へ配当を分配していきます。
さらに決算月では、日本と同じように集中していきませんので、毎月配当を受け取ることができます。

配当相当額という言葉がくりっく株365では出てきますが、NYダウでの証拠金取引において構成しているそれぞれの銘柄において権利落ちとなった日から配当相当額が生まれていきます。
配当相当額が生まれると保有している建玉について評価額が変わっていきます。

そして建玉を決済した時に、金銭などを受け渡されます。
くりっく株365というのは、配当金額がポジションによって変わっていきます。
NYダウだと買いポジションによっては配当相当額をしっかりと受取ることができますが、売りポジションだと負債になります。

決済期限はくりっく株365には存在しません。
常に買いもしくは売りポジションを保有することができるようになっています。
また短期間でくりっく株365によって売買益を狙っていくことができるだけでなく、中長期取引においてコツコツ配当を手に入れることも可能です。

初心者でも分かるクリック株365

「取引所CFD」とも呼ばれるくりっく株365。
これは日本で初めて公式な取引所である“東京証券取引所”によって行われている差金決済型の株価指数証拠金取引=CFD(Contract For Difference)です。
このCFDとは株を売買する場合、現金で購入を行い、売却時にも現金で入金をされますが、これに対してCFDは現物の売買を行うことは無く、先ずはくりっく株365を取り扱っている東京証券取引所に証拠金を預けて取引を行い、金銭のやり取りなら差額だけの受け渡しを行うことになります。

CFDには大きく分けて2種類あり、取引所CFDと、店頭CFDと呼ばれている物があります。
取引所CFDとは先に述べましたように、東京証券取引所を通して取引を行いますが、店頭CFDとはあくまでもクリック株365を取り扱っている業者を介して取引を行うことになります
取引所CFDと店頭CFDの違いは、取引所の場合取扱い銘柄が数種類なのに対して店頭CFDでは1000銘柄を超えています。

このくりっく株365ですが、最も大きなメリットは他の金融商品とは異なり、預け入れた証拠金(担保)については全て東京証券取引所に預託されます。
この事により、万が一取引業者が破たんをしてしまったとしても、原則として投資家の証拠金は全額保障される様になっています。

一般的な株取引の場合、上場している株の中から銘柄比較して投資対象となる株を選出しなければなりません。
また、株の場合は一般的には各証券会社が営業を行っている時間内での取引となりますので、会社などにお勤めされている方にとっては少々取り扱いづらい金融商品といえます。

一方のくりっく株365ですが、日本経済新聞社が任意に選出した東京証券取引所に1部上場している全銘柄の中から、日本を代表する大手企業225銘柄の平均株価に対して取引を行うため、株の様に銘柄比較を行い、頭を悩ませる必要がありませんし、取引時間に関しても日本の株式市場のOPENからニューヨークの取引所CLOSEまでのほぼ24時間取引を行うことが出来ますので、取引時間も長く、取扱いやすい金融商品となります。

日経平均株価指数取引をするなら押さえておきたい!

日経平均株価指数取引というのは、株式の個別銘柄を売買するのではなく、日経平均株価を数字で表した指数を取引する差金取引であり、先物取引でもあります。日経平均株価指数を買うときには「一定の期日が来たら売ること」、売りからスタートするときには「一定の期日が来たら買い戻すこと」を最初に決めておく取引です。

発注するときにはその平均株価に相当する金額を支払ったりする必要がありませんので、気軽に始めることができますし、損益は売りと買いの差額(差金)で決済されます。さらに、レバレッジといって、実際の金額の何倍もの取引をすることも可能ですので、上手に運用できれば資産を殖やすチャンスにもなります。

でも、日経平均株価指数取引をしようと思っても、漠然としすぎていてよくわからないという方も多いと思います。先物とは何か、というところからスタートしないといけませんし、実際に発注したりする際には、限月や建玉といった、先物取引をしようと思わなければ読み方もわからないような、専門用語がゴロゴロ出てきます。

これらをきれいにまとめてくれてあるのが、225先物.netというサイトです。よくわからないまま運用を始めても損をするばかりですから、まずは参考サイトなどである程度情報を整理してみてくださいね。

くりっく株365とくりっく365の違い

投資をしようとしている方、すでに投資をしている方なら、「くりっく365」や「くりっく株365」というキーワードをご覧になったことがあるという方が多いかもしれません。これらは、とてもよく似た名前ですが、取り扱っているものは、実は全然違います。「くりっく365」と「くりっく株365」について、違いを明らかにしながらご紹介していきたいと思います。

「くりっく365」は、東京金融先物取引所に上場されている”為替商品”です。2005年7月に、日本初の公的な取引所FXとしてスタートした取引所為替証拠金取引の愛称です。それまで、個人向けFXは民間のFX業者を介してしか行うことができなかったのですが、公的な場でのFXが行えるようになりました。上場されている為替商品ということで、安心感も違いますね。

一方「くりっく株365」というのは、上で述べたような取引所為替証拠金取引「くりっく365」と同様に、”公的な取引所”での、株価指数証拠金取引です。株価指数証拠金取引ですので、証拠金を差し入れることで、日経平均株価指数の取引を行うことができます。保有期限がないのでじっくり投資をすることが可能ですし、ポジションに応じて配当金相当、あるいは金利相当の利潤を得ることもできますよ。

株価の情報や銘柄比較はインターネットサイトを活用すると便利

保有している株式の情報や、その他の銘柄との比較など…
新聞やテレビでも情報を仕入れることはできますが、やはり今の時代はインターネットが便利です。

インターネットでは、最新の日経平均株価の確認だけでなく、前日の株式市場の確認なども簡単にできます。
東証1部だけでなく東証2部・JASDAQの値上がり率・値下がり率を掲載していることもあります。
また、専門のサイトを利用すればよく検索されている銘柄や注目株の情報・売買高の銘柄・株主優待実施銘柄の確認などもひとつのサイトで確認できるようになります。
保有している株を登録しておけば、その株価の上下も確認しやすくなりますし、購入を検討している株の情報も仕入れることができますね。

サイトによっては、最新の業績ニュースを掲載しているところもありますので、株価の上下を予想するにも役立つでしょう。
便利になったインターネットですが、上手に専門サイトを活用すればひとつの画面を見て様々な情報を仕入れることができますね。
これならば株投資初心者の方でも、情報を仕入れやすいのではないでしょうか?
サイトによって扱っている情報が違いますので、自分が使いやすい・知りたい情報がわかりやすく掲載されているところを探しておくと、今後の株投資に役立つことでしょう。

FXの取引時間の特徴。

FXは外国為替証拠金取引と言われており、日本円を該当の外国通貨に交換してそれを証拠金として取引を行う運用方法となります。
今、FXは老若男女を問わず多くの方が投資しているようで、投資界のエースと言っても過言ではありません。

そんなFXの特徴のひとつとして挙げられるのが、「取引時間」です。
実は外国為替市場は世界中にあります。
そのため、世界という視野で見れば24時間絶えずどこかの市場が開いている状態。
あちらこちらで為替取引が行われているということですね。
つまり、「日本の為替市場が閉まっていても取引を行うことができる」ということ!
まさに外国為替市場はリレーのように必ず市場を開けるバトンが引き継がれていると言ってよいでしょう。

以下に、1日中取引ができるケースを想定してみました。

0時~5時 ニューヨーク(アメリカ)
4時~9時 ウェリントン(ニュージーランド) *市場が開いている時間は12時まで
9時~17時 東京(日本)
17時~24時 バーレーン(バーレーン)

となります。
このように、日本にいながらいつでも好きな時間に市場が開いているところを探して取引をすれば、効率的に資金運用ができるという仕組みです。
タイムスケジュールを調べるのも楽しいですよ。

資産運用のメリットはレバレッジにあり

資産運用の目的といえば、お金を効率よく増やすことですよね。銀行に預けていても、マイナス金利のこのご時世、お金は増えることがありません。何らかの方法で自発的に資産を運用していかなくては、お金を増やすことはできません。

でも、「資産運用したいけれど、運用するほど資産がないわ。」とあきらめている方がいらっしゃるのではないでしょうか。確かに、株式を買うなどといえば、まとまった金額がないと取引を始めることができません。でも、少ない元手でお金をぐんと殖やすことが可能な資産運用の方法があります。それは、レバレッジに秘密があります。

レバレッジとは、てこの原理を語源とする英語で、難しく説明すれば「経済活動において、他人資本を使うことで自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率」と定義されている言葉です。てこは、支点から力点までの長さを長くすれば、少ない力でも作用点で大きな仕事をすることができますよね。

これと同じで、少ない資金でもレバレッジをきかせることで、何倍もの取引をすることができます。もちろん、損を出してしまった場合にも同様の倍率がかかってきますから注意は必要ですが、資産運用のメリットといえばレバレッジだと思います。