資産運用のメリットはレバレッジにあり

資産運用の目的といえば、お金を効率よく増やすことですよね。銀行に預けていても、マイナス金利のこのご時世、お金は増えることがありません。何らかの方法で自発的に資産を運用していかなくては、お金を増やすことはできません。

でも、「資産運用したいけれど、運用するほど資産がないわ。」とあきらめている方がいらっしゃるのではないでしょうか。確かに、株式を買うなどといえば、まとまった金額がないと取引を始めることができません。でも、少ない元手でお金をぐんと殖やすことが可能な資産運用の方法があります。それは、レバレッジに秘密があります。

レバレッジとは、てこの原理を語源とする英語で、難しく説明すれば「経済活動において、他人資本を使うことで自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率」と定義されている言葉です。てこは、支点から力点までの長さを長くすれば、少ない力でも作用点で大きな仕事をすることができますよね。

これと同じで、少ない資金でもレバレッジをきかせることで、何倍もの取引をすることができます。もちろん、損を出してしまった場合にも同様の倍率がかかってきますから注意は必要ですが、資産運用のメリットといえばレバレッジだと思います。

Leave a Comment