くりっく株365とくりっく365の違い

投資をしようとしている方、すでに投資をしている方なら、「くりっく365」や「くりっく株365」というキーワードをご覧になったことがあるという方が多いかもしれません。これらは、とてもよく似た名前ですが、取り扱っているものは、実は全然違います。「くりっく365」と「くりっく株365」について、違いを明らかにしながらご紹介していきたいと思います。

「くりっく365」は、東京金融先物取引所に上場されている”為替商品”です。2005年7月に、日本初の公的な取引所FXとしてスタートした取引所為替証拠金取引の愛称です。それまで、個人向けFXは民間のFX業者を介してしか行うことができなかったのですが、公的な場でのFXが行えるようになりました。上場されている為替商品ということで、安心感も違いますね。

一方「くりっく株365」というのは、上で述べたような取引所為替証拠金取引「くりっく365」と同様に、”公的な取引所”での、株価指数証拠金取引です。株価指数証拠金取引ですので、証拠金を差し入れることで、日経平均株価指数の取引を行うことができます。保有期限がないのでじっくり投資をすることが可能ですし、ポジションに応じて配当金相当、あるいは金利相当の利潤を得ることもできますよ。

Leave a Comment