日経平均株価指数取引をするなら押さえておきたい!

日経平均株価指数取引というのは、株式の個別銘柄を売買するのではなく、日経平均株価を数字で表した指数を取引する差金取引であり、先物取引でもあります。日経平均株価指数を買うときには「一定の期日が来たら売ること」、売りからスタートするときには「一定の期日が来たら買い戻すこと」を最初に決めておく取引です。

発注するときにはその平均株価に相当する金額を支払ったりする必要がありませんので、気軽に始めることができますし、損益は売りと買いの差額(差金)で決済されます。さらに、レバレッジといって、実際の金額の何倍もの取引をすることも可能ですので、上手に運用できれば資産を殖やすチャンスにもなります。

でも、日経平均株価指数取引をしようと思っても、漠然としすぎていてよくわからないという方も多いと思います。先物とは何か、というところからスタートしないといけませんし、実際に発注したりする際には、限月や建玉といった、先物取引をしようと思わなければ読み方もわからないような、専門用語がゴロゴロ出てきます。

これらをきれいにまとめてくれてあるのが、225先物.netというサイトです。よくわからないまま運用を始めても損をするばかりですから、まずは参考サイトなどである程度情報を整理してみてくださいね。

Leave a Comment