日経平均株価とTOPIXについて

皆さんは日経平均株価と東証株価指数(TOPIX)の違いが何だがご存知でしょうか?
この2つの大きな違いは株価の算出方法にあります。
日経平均株価では日経225や225種平均、平均株価などいろいろな呼び方がありますが、現在の日本では最も使用されている物となっています。

私達が平均株価と聞くと単にすべての数を合計して“すべて”に当たる数で割る単純計算だと思いがちですが、これを行ってしまった場合、株価に不都合が生じる場合もあります。
では、この不都合とは一体何なのかという話になりますが、A社株価1,000円、B社株価2,000円、C社株価3,000円の3社で分かりやすく話を進めると、3社の平均株価は単純計算の場合、1,000+2,000+3,000÷3=2,000円という事になります。
しかし、1株を2株にする株式分割という方法をC社が取ったとします。
するとC社の株式は3,000円の1/2ですのでC社の株価は1,500円という事になり
A社B社C社の平均株価は1,000円+2,000円+1,500円÷3=1,500円、これが平均株価という事になります。
そのため、日経平均株価では東証1部上場の中から225社を選出し、独自の計算方法によって算出されています。

一方の東証株価指数ですが、TOPIXが公表された1968年を100として現在の平均株価を算出した後、68年と比較して現在の株価が何倍になっているかという事を表しています。

では、日経平均株価とTOPIXを比較してみて何が違って居るのか?
日経平均株価は日本を代表するような各分野のトップの合計225社の平均を、TOPIXは東証全体であり日経平均株価が“株価”なのに対してTOPIXは“指数”だという点です。

初心者が参考にする場合、指数と言われてもピンと来ない面もあるでしょうから、どちらかというと日経平均株価の方が資産運用の際に参照及び活用しやすいでしょう。
実際の投資の際にTOPIXを参考にするものといえばやはりTOPIX連動型でしょう。
ただし、これはTOPIXに限らず、日経平均株価でも日経225などは連動型ですのでやはり日経平均株価を参考に資産運用を行います。
ただ、両者2つを比較してどちらか一方というわけではなく、それぞれが株価や指数としての参考資料として必要な情報ですので、初めのうちは何が何だか…という方でも日々値動きや指数の動向を注視しておくと良いでしょう。

NYダウや日経225からくりっく株365を知る

色々な投資スタイルがありますが、NYダウや日経225などを利用して投資を行っていくことができます。
証拠金取引も人気が高く、少額で投資を行えるのがメリットとなっています。
レバレッジを活かしながら投資を進めることができますが、これらの銘柄を広く扱っていくのがくりっく株365です。

くりっく株365の取引を始めていくためには、最初に取引に利用する証拠金を口座へと預け入れていく必要があります。
例えばNYダウを取引していこうとする時、従来ならば100万円以上かかってしまうことがありますが、数万円の証拠金を預けていくことによって取引を行うことが可能です。
くりっく株365の取引においては、買いポジションを持っている状態だと、現物株と同じ形で配当の相当額を手に入れることができます。

配当相当額というのそれぞれの投資家が預け入れている証拠金のみでなく、取引金額を基準しながら算出していきます。
アメリカの企業の多くは利益を四半期ごとに確定させて、投資家へ配当を分配していきます。
さらに決算月では、日本と同じように集中していきませんので、毎月配当を受け取ることができます。

配当相当額という言葉がくりっく株365では出てきますが、NYダウでの証拠金取引において構成しているそれぞれの銘柄において権利落ちとなった日から配当相当額が生まれていきます。
配当相当額が生まれると保有している建玉について評価額が変わっていきます。

そして建玉を決済した時に、金銭などを受け渡されます。
くりっく株365というのは、配当金額がポジションによって変わっていきます。
NYダウだと買いポジションによっては配当相当額をしっかりと受取ることができますが、売りポジションだと負債になります。

決済期限はくりっく株365には存在しません。
常に買いもしくは売りポジションを保有することができるようになっています。
また短期間でくりっく株365によって売買益を狙っていくことができるだけでなく、中長期取引においてコツコツ配当を手に入れることも可能です。

初心者でも分かるクリック株365

「取引所CFD」とも呼ばれるくりっく株365。
これは日本で初めて公式な取引所である“東京証券取引所”によって行われている差金決済型の株価指数証拠金取引=CFD(Contract For Difference)です。
このCFDとは株を売買する場合、現金で購入を行い、売却時にも現金で入金をされますが、これに対してCFDは現物の売買を行うことは無く、先ずはくりっく株365を取り扱っている東京証券取引所に証拠金を預けて取引を行い、金銭のやり取りなら差額だけの受け渡しを行うことになります。

CFDには大きく分けて2種類あり、取引所CFDと、店頭CFDと呼ばれている物があります。
取引所CFDとは先に述べましたように、東京証券取引所を通して取引を行いますが、店頭CFDとはあくまでもクリック株365を取り扱っている業者を介して取引を行うことになります
取引所CFDと店頭CFDの違いは、取引所の場合取扱い銘柄が数種類なのに対して店頭CFDでは1000銘柄を超えています。

このくりっく株365ですが、最も大きなメリットは他の金融商品とは異なり、預け入れた証拠金(担保)については全て東京証券取引所に預託されます。
この事により、万が一取引業者が破たんをしてしまったとしても、原則として投資家の証拠金は全額保障される様になっています。

一般的な株取引の場合、上場している株の中から銘柄比較して投資対象となる株を選出しなければなりません。
また、株の場合は一般的には各証券会社が営業を行っている時間内での取引となりますので、会社などにお勤めされている方にとっては少々取り扱いづらい金融商品といえます。

一方のくりっく株365ですが、日本経済新聞社が任意に選出した東京証券取引所に1部上場している全銘柄の中から、日本を代表する大手企業225銘柄の平均株価に対して取引を行うため、株の様に銘柄比較を行い、頭を悩ませる必要がありませんし、取引時間に関しても日本の株式市場のOPENからニューヨークの取引所CLOSEまでのほぼ24時間取引を行うことが出来ますので、取引時間も長く、取扱いやすい金融商品となります。