日経平均株価とTOPIXについて

皆さんは日経平均株価と東証株価指数(TOPIX)の違いが何だがご存知でしょうか?
この2つの大きな違いは株価の算出方法にあります。
日経平均株価では日経225や225種平均、平均株価などいろいろな呼び方がありますが、現在の日本では最も使用されている物となっています。

私達が平均株価と聞くと単にすべての数を合計して“すべて”に当たる数で割る単純計算だと思いがちですが、これを行ってしまった場合、株価に不都合が生じる場合もあります。
では、この不都合とは一体何なのかという話になりますが、A社株価1,000円、B社株価2,000円、C社株価3,000円の3社で分かりやすく話を進めると、3社の平均株価は単純計算の場合、1,000+2,000+3,000÷3=2,000円という事になります。
しかし、1株を2株にする株式分割という方法をC社が取ったとします。
するとC社の株式は3,000円の1/2ですのでC社の株価は1,500円という事になり
A社B社C社の平均株価は1,000円+2,000円+1,500円÷3=1,500円、これが平均株価という事になります。
そのため、日経平均株価では東証1部上場の中から225社を選出し、独自の計算方法によって算出されています。

一方の東証株価指数ですが、TOPIXが公表された1968年を100として現在の平均株価を算出した後、68年と比較して現在の株価が何倍になっているかという事を表しています。

では、日経平均株価とTOPIXを比較してみて何が違って居るのか?
日経平均株価は日本を代表するような各分野のトップの合計225社の平均を、TOPIXは東証全体であり日経平均株価が“株価”なのに対してTOPIXは“指数”だという点です。

初心者が参考にする場合、指数と言われてもピンと来ない面もあるでしょうから、どちらかというと日経平均株価の方が資産運用の際に参照及び活用しやすいでしょう。
実際の投資の際にTOPIXを参考にするものといえばやはりTOPIX連動型でしょう。
ただし、これはTOPIXに限らず、日経平均株価でも日経225などは連動型ですのでやはり日経平均株価を参考に資産運用を行います。
ただ、両者2つを比較してどちらか一方というわけではなく、それぞれが株価や指数としての参考資料として必要な情報ですので、初めのうちは何が何だか…という方でも日々値動きや指数の動向を注視しておくと良いでしょう。

Leave a Comment