初心者でも分かるクリック株365

「取引所CFD」とも呼ばれるくりっく株365。
これは日本で初めて公式な取引所である“東京証券取引所”によって行われている差金決済型の株価指数証拠金取引=CFD(Contract For Difference)です。
このCFDとは株を売買する場合、現金で購入を行い、売却時にも現金で入金をされますが、これに対してCFDは現物の売買を行うことは無く、先ずはくりっく株365を取り扱っている東京証券取引所に証拠金を預けて取引を行い、金銭のやり取りなら差額だけの受け渡しを行うことになります。

CFDには大きく分けて2種類あり、取引所CFDと、店頭CFDと呼ばれている物があります。
取引所CFDとは先に述べましたように、東京証券取引所を通して取引を行いますが、店頭CFDとはあくまでもクリック株365を取り扱っている業者を介して取引を行うことになります
取引所CFDと店頭CFDの違いは、取引所の場合取扱い銘柄が数種類なのに対して店頭CFDでは1000銘柄を超えています。

このくりっく株365ですが、最も大きなメリットは他の金融商品とは異なり、預け入れた証拠金(担保)については全て東京証券取引所に預託されます。
この事により、万が一取引業者が破たんをしてしまったとしても、原則として投資家の証拠金は全額保障される様になっています。

一般的な株取引の場合、上場している株の中から銘柄比較して投資対象となる株を選出しなければなりません。
また、株の場合は一般的には各証券会社が営業を行っている時間内での取引となりますので、会社などにお勤めされている方にとっては少々取り扱いづらい金融商品といえます。

一方のくりっく株365ですが、日本経済新聞社が任意に選出した東京証券取引所に1部上場している全銘柄の中から、日本を代表する大手企業225銘柄の平均株価に対して取引を行うため、株の様に銘柄比較を行い、頭を悩ませる必要がありませんし、取引時間に関しても日本の株式市場のOPENからニューヨークの取引所CLOSEまでのほぼ24時間取引を行うことが出来ますので、取引時間も長く、取扱いやすい金融商品となります。